気まぐれ思いつき日記

2012年4月から妻の海外赴任に伴い主夫業と育児に励む40代男性の日常。2年間ずつバンクーバー、LAに滞在、2016年8月末に帰国。現在は主夫と会社員とライターの三足のわらじで頑張ってます。バンクーバーやLAと関係ないことも多々あります。

4月にBASE BREADの話を書きましたが、BASE FOODのファンサイトというかラボメンバーにご招待いただきまして、それの集まりに行ってきました。楽しかったです(こなみ)。

今回のはBASE NOODLEに合う市販パスタソースはどれか?という企画で、他のラボメンも集まってBASE FOODのオフィス(という名の一軒家)で開催されました。

「え?BASE NOODLE?BASE PASTAじゃなくて?」と気づいたあなたは鋭い(上から)。そう、今回BASE PASTAはメジャーアップデートをしてより麺類として色々な食べ方にマッチするBASE NOODLEに進化したのです。ちなみに今回のBASE NOODLEでver.5だそうで、人知れずバージョンアップを重ねてたのですね。あと実はBASE BREADの方もバージョンアップしていて、以前は冷凍保存だったのが常温可になったそうです。この進化はでかい。

さて、話を戻して市販パスタソース試食会。すんごい色々な種類を食べ比べしました。きったない画像ですが、こんな感じでしたということで。

まずはミートソース・トマトソース食べ比べ。
ミートソース
僕は深味ミートソース(写真真ん中)に投票したのですが、最多得票は右から二番目のキユーピー ミートソース フォン・ド・ヴォー仕立てでした。個人的な意見ではありますが、BASE PASTAのときはミートソースとの相性はそこまでではなかったのが、BASE NOODLEはその辺をかなりクリアしていて普通に美味しくいただくことができました。写真の通り票はかなり割れたので、どれを食べてもハズレがないと思っていいんじゃないかな。





2巡目はカルボナーラ。
カルボナーラ
思いの外、味が違ってびっくりしました。カルボナーラもBASE PASTAのときは個人的にはいまいちだったのですが、こちらはものによっては美味しかったです(全部とは言わない)。僕が投票したのはS&B 予約でいっぱいの店のカルボナーラ(写真いちばん左)で、ベーコンの薫りとクリームのバランスがよかったです。おすすめ。青の洞窟はチーズがくどかった。最多得票はニップンのREGALO カルボナーラの原点。僕的には塩気が強すぎる気がしたのですが、そこは好みですからね。




3巡目。BASE NOODLE(BASE PASTA)は腹持ちが良いことで評判でして、このあたりですでにラボメンの胃袋キャパに限界が訪れようとしていましたが、そんなのは関係ありません。試すべきソースはまだまだあるのだ。
今度はオーマイの洋風シリーズ。

洋風
こちらも分かれました。バジルは「バスクリンの味がする」という参加者の身も蓋もない(でも確かに遠くにバスクリンが見える)一言もあってか不人気。普通のパスタと混ぜる分には良いかも知れませんが、BASE NOODLEとの相性はいまいちでした。
僕が投票したのは写真右端のピリ辛ペペロンチーノ。なんとなく日清のカップヌードルっぽい味になりました。カップヌードル食って健康になれるってすごくない?最多得票もこれ。だって美味しいもん。




3巡目が終わったところでみんな満腹。ここで社員さんが「あらゆるパスタソースの中でこれがいちばん合う」と豪語するエースが満を辞しての登場。食べないわけにはいかないよね?


ということで4巡目はキューピーの和風シリーズ。
和風
みんなお腹いっぱいで片付けとか良い加減になってるのが見て取れますw

これは全部美味しかった。やはりBASE NOODLEには和風が合うってわかるんだね!
社員さんおすすめはだし香る納豆。たしかに美味しい。投票後の写真を撮り忘れたのだけど、案の定最多得票でした。僕が投票したのは焦がしねぎ塩。シンプルに美味しいです、マジおすすめ。これ普通のパスタにかけても絶対に美味しいやつだ。。。!





あと、人数多すぎて二手に分かれてたもう1グループの方ではカレーも試してました。うん、カレーだ。合うけど、僕はカレーはカレーライスで食べたいかな!


以上、多岐にわたるパスタソースを試しましたが、僕のベストは焦がしネギ塩。これはガチでBASE NOODLEに合います。BASE NOODLE買った際は是非試して。ちなみに僕は普段はセブンイレブンの味付きとろろのパウチをぶっかけて食べてます。超手軽でマジウマだから。


この後の歓談タイムで、開発秘話を色々と伺うことができたのもめちゃくちゃ楽しかったです。そういうお話大好き!BASE FOOD、ケニアで大人気なんだってよ!開発部隊のエキセントリックな方の話とか超面白かった。またオフィスに遊びに行かせていただきます(良いよって言ってもらった。社交辞令とかそういうのは気にしない)。

最近はディストピア飯とか言って、味もそっけもないけど栄養価が高い食事のブームが訪れています。BASE FOODはその中ではかなり工夫しがいがあって食べやすいと思うので、興味ある方はぜひ試してみていただきたい。BASE NOODLEにバージョンアップして以前よりかなり食べやすくなったし(初期の頃は苦かった)、BASE BREADは下手なパンより美味しいです。おがたは今後もBASE FOOD推しで行きたいと思います!社員のみなさん、今日はありがとうございました!

タイトルのまんまですが、「ダイエットしている」と言う痩せている人に「必要ないじゃん」は時として失礼だと思うんです。

そんな青筋立てて怒る話でもないしそもそも怒ってるわけではないんですけど。
そんでこれは自分も言っちゃうことあるんで自戒を込めて申し上げたいことなんですけど。


というのは、僕は週2でジム行って、それ以外の日もちょいちょい腕立てやら腹筋やらして、甘いものはなるだけ我慢して、夜ご飯は極力炭水化物抜きとか21時以降はなるべく食べないとかまあ意識高い感じでやってるんですが、そういうことを言うと「えー、おがたさん痩せてるんだからそんなことする必要ないじゃないですかー」みたいなことを言われるわけです。

違うの。必要なの。
昔はね、20代くらいまではね、何を食べても太りませんでしたよ。30過ぎたあたりから、暴飲暴食してると腹回りや顔の輪郭が如実にふっくらするようになり、やばいんで食べる量も間食も減らしてキープしていました。40前後あたりから、それだけでもちょっとずつズボンがきつくなるのを感じるようになりました。人よりちょっと食べる量が多いのかもしれません。

つまり、何もしないと太るので、今の体型をキープするために僕なりに努力しているわけです。まあね、ジム行くのは痩せるためというより筋肉つけたいというのが大きいんですけど、筋肉つければ基礎代謝が上がって食べても太りにくくなるからね、一石二鳥だよね。

で、そんな「努力(ダイエット)しているからこそ今の体型を維持できている」(と少なくとも自分ではそう思っている)人に対して、「必要ないじゃん」というのはいかがなものかと。怒ってません。怒ってるわけじゃないんです。でも努力を否定されてるようで悲しい。僕は頑張っているんだよ、頑張りを認めて欲しいんだよ。わかるでしょ、「ダイエットしているんだ♪(だから痩せてるぞ、ドヤァ)」っていうことですよ。


なので、痩せている人が「ダイエットしているんだ」とか言い出したら
「あー、だから痩せてるんだね!えらいね!」
って褒めてあげましょう。褒めてあげてください。他の人が喜ぶか知りませんが、僕は喜ぶのでよろしくお願いします。

我が家は娘が小さい頃からあちこち連れ回していまして、その経験上「これはあると便利!」というものをいくつかご紹介します。

・折りたためる洗面器
折りたためなくてもスーツケースに入れば別に良いのですが、子連れ旅は荷物も増えるので折りたためる方がラク。
なぜ洗面器があると良いかと言うと、海外のお風呂はシャワールームのみのところが多々あり、しかもそのシャワーも固定式、かつ水圧が弱いところが多いからです。そうすると狙った場所にお湯をかけるのも難しく、特に小さい子だとシャンプーや石鹸を洗い流すのが地味に大変。そこを洗面器にお湯を溜めてバシャーとやるとめちゃくちゃ捗るのです。悪いことは言わないから今すぐ「海外旅行持っていくものリスト」を作成し(僕はGoogle Keepを使ってます、検索性も高いし旅行の度に使えて超便利)、そこに「洗面器」を加えるのです。



・レトルト食品や日本のお菓子
環境が変わる上に食べなれないものばかりだと、餓死すんじゃねーかくらい極端にものを食べなくなる「子連れ旅行あるある」。それで機嫌悪くなったり体調崩されると大変。
なので、少量で良いので食べなれたものを持っていくと良いです。レトルトといっても味噌汁レベルでOK、これだけでもう全然違うから。あとはサトウのご飯とお茶漬けの素とか、お煎餅とか。経験上、麺類も手堅いですのでカップ麺もおすすめ、場所とるけど消費すればお土産スペースできるし、最後の手段としてホテルに置いてきても。
ハワイ(ワイキキ限定)なら日本食が手軽に手に入るので心配無用ですが、それ以外の場所は入手困難なので持っていきましょう。大人も味噌汁飲むと落ち着きますので子供いなくてもおすすめ。

・時間かせぎアイテム
移動は子供にとって疲れるだけで楽しくないもの(もちろん大人もですが)。またレストランでの料理が提供されるまでの時間も強敵。なので、その時間をいかに上手く過ごすかは超重要課題です。
まず子供のお気に入りアイテム。1つか2つ選ばせておきましょう。油断するとバッグいっぱい持ってこようとするので、その辺はうまくコントロールを。
それからその子が好きそうな「新しい」オモチャ。新しいオモチャはもうどうしようもなくなったときの最後の手段として出すその瞬間まで子供に見られないようにします。あまりお気に召さなくても10〜30分くらいは時間を稼いでくれます。我が家ではシールブックを重用していました。安いしかさばらないです。
タブレットに動画をダウンロードしておくと、だいぶ静かです。普段からずっと動画を見続けることには抵抗があるかもしれませんが、旅先くらいは良しとしましょうよ。AmazonのKindle Fireなら6000円弱からありますし、キッズ用のものもあります。
上記は8インチ版ですが、7インチの安いやつが6月から発売になります。
fire7kids
ちなみにAmazon Primeなどでダウンロードした動画は飛行機に乗る直前に一度再生して、機内でちゃんと見られるか確認しましょう。アカウントの認証が必要で空の上ではいかんともしがたい場合があります(一度やられたw)。

この辺のアイディアについては「飛行機 子連れ 対策」とかでググると色々出てきますので調べておくと良いと思います。無策で乗った上に子供が騒いでるのを放置して親は映画に夢中とかは他の乗客からすると親子共々張り倒したくなりますのでやめましょう。

・薬一式
旅先で体調を崩すのも子連れ旅行あるある。なぜここで。。。!
これも環境が激変するし疲れるしで仕方ないと割り切り、「そういうことは往々にしてある」と織り込み済みでいた方が気もラクです。そして海外で薬を買うのはどれがその症状に効くのか調べたり聞いたりするのも大変なので、可能な範囲で持参すると焦らないですみます。
解熱剤・酔い止め・胃腸薬、くらいは持っておきたいもの。修学旅行の持ち物に必ずある「常備薬」ってこういうことだったのかと子供ができてから思いました。


ここからは「必携」というほどじゃないし、なくてもすごくは困らないけどあると便利アイテム

・湿布
子連れじゃなくても、荷物を持ってたくさん歩き回ったりすると疲れがどっと出ますので、寝る前に湿布を貼っておくと翌日も元気!ただしモーラステープなど日光過敏になるものもありますので気をつけて。(日光過敏については知らない人は各自調べてね!)

・袋止めクリップ
海外でお菓子買ったけどでかくて食いきんねーよ!ってことよくあることなので、袋止めクリップをいくつか持っていくと便利です。忘れたら小技でしのげますので無くても死ぬことはありませんが、あると便利。


せっかくの旅行、少しでもストレスを少なく家族みんなで楽しめるようしっかり準備して臨んでいただきたいものです。大人だけならちょっとしたトラブルも楽しいですけど、子連れだと色々詰みますのでね。


おまけ
僕は使ったことないのですが(10年前はこんなの無かった!)、便利そうだなあというやつ。昔からあったら絶対買ってたな。
飛行機の中で子供が面白いように寝る!子連れ長距離フライトの神グッズ(乳幼児〜小学生におすすめ) | 家庭の知育応援サイト《知育アットホーム》


このページのトップヘ