気まぐれ思いつき日記

2012年4月から妻の海外赴任に伴い主夫業と育児に励む40代男性の日常。2年間ずつバンクーバー、LAに滞在、2016年8月末に帰国。現在は主夫と会社員とライターの三足のわらじで頑張ってます。バンクーバーやLAと関係ないことも多々あります。

DSC03993

今年もカメラの祭典、CP+に行ってきましたよー。行ってきたのは3月3日(日)の最終日。

結論から言うと今回の CP+ではあまり新しい機能だとかトレンドみたいなものは見つけられませんでした。
あと混んでた。新製品自体は多かったからその影響ですかね。特にいまはSony、Nikon、Canon、Panasonicでフルサイズミラーレス戦争が勃発してますからね。ぶっちゃけ僕はこっち方面はそこまで興味ない(お金がないので意図的に興味を持たないようにしている、ともいう)ので、あまり一生懸命見ませんでした。すげえ並んでるし。
DSC03989

今回の印象を強いて言えば。。。

・周辺機器メーカーの出展増えた?
心なしか、去年より周辺機器のメーカーの出展が増えた気がしました。バッグとか三脚とかジンバルとかそういうやつ。
バッグといえば僕の好きなピークデザインはちょっと停滞してる感あります。出し尽くした感というべきか。カラーバリエーションを豊富にするのは悪いことじゃないんだけど、「おおお、そうきたか!」みたいな機能を持ったバッグ見たいマンとしてはちょっと物足りない。
ピークデザイン、デザインと機能性は抜群だと思うんですが、重いのだけが玉に瑕。でもバックパック最高っす。

・写真をプリントして楽しむトレンドは継続
「せっかく撮った写真、プリントして飾ろうぜ!」という楽しみ方の提案が増えました。これは去年も感じたことですが、より一層強まってる感じがしましたね。でも去年の方が面白い提案多かったかなあ。ちゃんと見てないだけかもしれませんが。

DSC03987

・その他
個人的にひかれたのはリコーのTHETA Z1です。THETAは360°撮れるカメラの先駆けで、今回のモデルは1インチセンサーになって解像度が鬼。10万円以上しますが、ブースの人が「1インチセンサーを2枚積んでこの価格は安いと思ってます!」っておっしゃってました。まあ理論的にはおっしゃるとおりなんですが、10万円は庶民にとっては安くないよ。。。
どうでもいいですが、これって「テタ」って読むと思ってたけども「シータ」って読むんですね。バルス!

あと今年も長ーい一脚が出展してて、一年ぶりの再会にちょっと嬉しくなりましたw 同行した友人が「長槍みたい」と言っていて、僕らの間ではもうあれは長槍です。雑兵が対騎馬用に持ってるやつだ。
DSC03991

今回の印象はなんか薄いかなあという感じでしたが、来年もまた行きたいです。なんつうか、こういう展示会って雰囲気だけでも楽しいよね。Webで事前登録すれば無料なので、興味ある人は来年行ってみてね。
DSC03994
DSC03995


おまけ
今後のカメラの方向性、CP+ではまだそういうのは見受けられませんでしたが、個人的にはAIがばんばん介入してくるんじゃないかなと思ってます。実際にGoogleのハイエンドスマホであるPixel3は撮った写真をAIで加工して仕上がりを良くしています。一般的なデジカメも今は画像処理エンジンというのを搭載していてそれでいい感じになるようにしているのですが、それがさらに一歩進んじゃう。
で、そうなるともうF値とかピントがどこに合ってるかとか考えずに良いレンズと良いセンサーで撮ったものをあとで好きなようにできるわけです。

Pixel3のカメラのすごさについてはBuzfeedのこの記事がわかりやすいです。
Google本気スマホ、カメラがエグいと話題――プロの写真家も舌を巻く驚異の機能

更にこれが進むと、魚眼レンズ(あるいはTHETAのような360°カメラ)でとりあえず広い範囲を撮って、お好みの画角・レンズで撮ったように加工できるようになっちゃうんじゃないかな、と。現状は望遠レンズが必要なものもそのうちAIで解析してちゃんと写真にできちゃうとかですね。まだそういうことをするにはコンシューマーレベルでは無理だと思いますが、そう遠くない将来、カメラのあり方が変わってくるんじゃないかなと期待しています。楽しみ!

おまけ2
CP+のあとにキャンピングカー展示が近くであったので覗きに行きました。この日は真冬並みの寒さの上に雨が降っていて、会場は屋外だったため閑散としていました。大音量で流れるJ-POPが虚しい。。。音がないと寂しいしなんかやってるって気づいてもらえないから音楽流してるんでしょうけど、なんとなく耳障りで、他に方法がないのかなあと。
クイーンズスクエアのShake Shackでハンバーガー食べて別の場所でお茶して帰りました。すごく繁盛してるけど、そんなに美味しいかなあ、ここ。チーズソースかかったポテトはあまり美味しくなくて残しちゃったよ。。。
DSC04001

今日、いつもお世話になってる中目黒の美容院で髪の毛切ったあとに駅に向かってテクテク歩いてたら、見慣れない看板(?)がありました。
IMAG3304

看板、雑ぅ!
IMAG3305

しかし、あえてこの雑な看板で目を引く作戦かもしれない。少なくとも僕は激しく目を引かれました。どこにファーマーズマーケットがあるんだ?とキョロキョロし、小さな小さな路地を入ると、そこに以前はアパレルショップが入ってたんじゃないかという佇まいのショーウィンドウ。中を覗いたら八百屋さんでした。ファーマーズマーケット、あった。
IMAG3299
IMAG3300

ここで扱ってる野菜は全部東京近郊の農家さんで作ったものを直送しているそうです。JAを通してないから安い。新鮮。美味しい(らしい、買ったけどまだ食べてない)。IMAG3301

IMAG3303

なんとなく素敵な取り組みだなーと思ったので支援の意味も込めてキャベツを1玉買いました。立派なキャベツが150円。安い。これでお好み焼き作ろうっと。
IMAG3302

少なくとも4月いっぱいはやってるそうです。目黒川で桜を見たついでにでも、是非。
スクリーンショット 2019-03-06 22.13.49


店名で調べたらなんかやってました。興味がある方は覗いてみてください。
ころいち

parisamerica

僕はミュージカル映画は好きだけどミュージカル自体は今まで観る機会に恵まれずにきました。今まで観たことがあるのは李香蘭とコーラスラインを中学か高校のときの学校の課外授業で観に行っただけ。当時はミュージカル映画も良さを感じませんでしたが、気がつけば割と好きなジャンルになっていました。娘と一緒に観るディズニープリンセスの映画の影響もあるのかな。


最近ではLA LA LANDを観ましたよ。

ラ・ラ・ランド(字幕版)
ライアン・ゴズリング
2017-05-26


音楽すごく良かった。オープニングの曲はヘビーローテーションしています。なんかテンション上がりますよね。


映画はもっとLAの街並みが出るかと思ったけど、ハリウッドとグリフィス天文台がメインだったのでそこはちょっとがっかり。


で、ひょんなことから家族で劇団四季が上演しているミュージカル「巴里のアメリカ人」を観ることになりました。全然知らなかったんですけど、ジーン・ケリー主演の映画があるんですね。


ジーン・ケリーといえば「雨に唄えば」が有名だけど、雨の中を街灯の下で踊りながら歌うワンシーンしか知らないw 古典映画、全然観てないなあ。


さてさて、その「巴里のアメリカ人」。僕の感想は、「うーん、いまいち」でした、好きな人には申し訳ないのだけど。なんというか、芸術性が高すぎて僕にはピンときませんでした。14分に及ぶバレエショーのシーンは正直寝てしまわないよう頑張るのがやっと。。。バレエのロミオとジュリエットやシルクドソレイユのショーを観て寝てしまう人間なので、ああいうのは僕にはマッチしてないのかなあ。ちょっと観る人を選ぶ気がします。
気に入った点を挙げると、プロジェクションマッピングを駆使した演出や舞台装置を上手く使った場面転換は興味深かったです。演技やストーリーと全然関係ないw

ただ、娘は「すっごく良かった!」と言っていたので、観に行った甲斐はあったのかな。何が琴線に触れるかわからんもんですね。何が良かったのか聞いたら「歌もダンスもお話も全部良かった」と。それは何より。


娘がとても楽しんでくれたので、これに懲りずにまた違う演目を観に連れて行ってあげたいと思いました。次は僕でも楽しめそうなのがいいな。キャッツとかライオンキングとかアラジンとか(電車の車内広告にもろに影響を受けている)。

このページのトップヘ