気まぐれ思いつき日記

2012年4月から妻の海外赴任に伴い主夫業と育児に励む40代男性の日常。2年間ずつバンクーバー、LAに滞在、2016年8月末に帰国。現在は主夫と会社員とライターの三足のわらじで頑張ってます。バンクーバーやLAと関係ないことも多々あります。

なんとなくソロキャンプしてみたくて、今度するつもりなんですが、キャンプグッズをいっぺんに揃えるのってすごくお金かかるじゃないですか。しかもテントとか場所とるしメンテナンスも大変です。しょっちゅうキャンプに行くならまだしも、年に数回行くかどうかってレベルだとレンタルで良いなと判断しました。過去にキャンプ行った時もレンタルしましたが全く問題ありません。

過去に使ったのはこの2つ。
アウトドアギアレンタル そらのした
ミッション・レンタルギア

そらのしたはハイスペックなキャンプギアも用意しているので、ガチの冬キャンプとかに重宝しそうです。ソロキャンセットとかもあり、ライトユーザーのニーズわかってんなーという感じ。
ミッションの方は安いです。でもこれで十分といえば十分。おしゃれさを求めないファミリーにはこちらの方が良いかもしれません。

ただ、値段の安いアイテムの中には買っても借りてもあまり変わらないな、というものもあります。食器セットとか、コンロとか。あとキャンプのことを調べてると必ず出てくるアイテムがありまして、それらは買っちゃうことにしました。「震災とかあったときにも使えるし!」と自分に言い訳しながらポチポチしましたよ。

そう、このエントリーは僕が購入したものをご紹介したくて書いているものであります!まだ買っただけだから使った感想なんかは一切ありません、そういうの期待した人はごめんなさい。ただ、僕がこれらを購入した理由を書きましたので参考にする人はしてください。

以下購入アイテムと選んだ理由。

・メスティン
メスティンとは飯盒のことなんですが、キャンプ用品界隈で「メスティン」と言ったらそれはトランギア社製のアルミの弁当箱みたいなやつを指します。


なんでもこれで炊くご飯が激ウマなんだとか。
トランギアのメスティンがキャンプ最強クッカーだという4つの理由!
まだまだ現役のアウトドアアイテム、メスティンで作る釜めしは最高に美味い
メスティン最強キャンプギア説浮上!賢い使い方&レシピ5選

これがまた品薄で、定価1,760円(税込)のところAmazonでは3,000円とかでよく売られています。先日眺めてたらたまたま定価になっていたので速攻でポチってしまいました。
Amazonを眺めてると類似品がたくさん出ているんですけど、これらの性能はどうなんでしょうね?安いし気になるのですが、どうにも信頼に足るレビューが見つけられず諦めました。


・ポケットストーブ
メスティンと一緒に欲しいのがエスビット社製のポケットストーブ。


上のメスティンの記事にも度々登場していますが、このポケットストーブの上にお米と水の入ったメスティンを置いて、固形燃料に火をつけて消えるまで放置すれば美味しいご飯が炊けるという噂です。それってもうただの炊飯器じゃん。
エスビットのポケットストーブは値上がりこそしていないものの納期が1〜2ヶ月とか書かれていて、擬似エスビットでも良いかと別のメーカーのものを購入しました。こちらはそこまで精度求められなそうだし。


僕が買ったのはLenzaiというメーカーのやつ。ほぼ同じ値段ですが、こちらは風防といって風除けがついてきます。風が吹いて消えたら悲しいし、シングルバーナーにも使えるかなという目論見もありこれにしました。風防は小さめサイズの9枚入りと大きめサイズの10枚入りがあって、値段はほとんど変わりません。僕はシングルバーナーに利用することも想定しているので大きい方(10枚入り)の方にしました。


・チタンマグカップ
チタンのマグカップは直火OKで、しかも温めても持ち手や飲み口が熱くなりにくいそうなので良いなあと。焼酎のお湯割とか温めなおしながら飲みたい。
最初はスノーピークのものを買おうと思ってました。だってかっこいいから。
(スノーピークは純国産の人気高級キャンプ用品ブランドなのです!お友達が色々持ってて羨ましい。)

でもスノーピークのは公式には直火はNGだそうです。「大丈夫だぜ!」ってみんな書いてるから大丈夫なんでしょうけど。あと、蓋がついてない。蓋がついてないと温めるのに時間がかかるし、虫やら灰やらも入りやすくなります。別のメーカーのがあつらえたようにぴったりらしいのですが、直火NGなのもあわせてスノピのは見合わせて、別メーカーのを買ってみました。


こちらは蓋の持ち手(三角のところ)を少しスライドさせると倒れなくなる仕様というのと、内側にメモリがついているので計量にも使えるというのがポイントです。簡単なヤカン代わりにも使いたいので、持ち手の反対側に注ぎ口がついてたらなと思わないでもないですが、マグだかなんだかわからなくなるのでこれでよしとします。


・シングルバーナー
チタンマグでお湯を沸かしたりするのに使うシングルバーナー。こちらは色々調べた結果、イワタニのジュニアコンパクトバーナーがコスパ最強っぽいのでこれにしました。








コンパクトだし、何より家庭のカセットコンロと同じボンベが使えるというのが嬉しいポイントです。


・ミニテーブル
最後にこれらを載せる小さいテーブル。これも王道のキャプテンスタッグのアルミーロールテーブル。

なんかね、もうこれを使う日が楽しみで仕方がないです。なんなら近所の公園でこれ使って飯盒炊飯して焼酎飲みたい。(火気厳禁です)
とりあえず焼酎だけ飲むかな。

今年は四連覇はおろか、Aクラスすら逃してしまいましたが、まあ仕方なかったのかなーと。Aクラス当たり前くらいに思ってたのは数年前から考えたら贅沢にもほどがあるだろう!という感じではあるので、うん、まあ激しく悔しくはあるのですが、その前の三連覇でとても楽しい時間を過ごさせてもらった緒方カープに感謝です。

今年の苦戦の原因を振り返ってみましょう。
1)丸が巨人へ移籍
2)中崎・一岡の離脱
3)田中・松山の極度の不振
4)新井さん引退
5)バティスタの薬物違反

1はもう、広島からはマイナス、巨人にはプラスで影響でかいですね。三番に丸がいるかいないかは後ろを打つ誠也にも大きく影響しました。出塁率が5割近かった丸が抜ければ、その分だけ勝負を避けられますからね。それでも首位打者を獲得した誠也はすごい!よく頑張った!

2は個人的には最大の原因じゃないかと思ってます。なんやかやいっても三連覇の間、中崎はほぼほぼちゃんと抑えてきたし(ランナーをやたら出すので精神的にはよろしくなかったのですが)、一岡もしっかりセットアッパーの役目を果たしてきました。中崎の離脱によって去年は鬼のような働きを見せたフランスアを抑えに回しましたが、メンタルの問題なのか抑え切れず逆転負けする試合がとても多かったです。ここで落とした試合の半分も拾えてたら最後まで首位争いできたでしょう。まあそれだけ三連覇を成し遂げるための負担が大きかったんだなとも思います。仕方ない。
一方で、遠藤くんやトレードできた菊池保、このままクビになるのではと思っていた中村恭平など新しい戦力が出てきてくれたのは喜ばしいことでした。来年もがっつり頑張ってほしい!

3は、松山はいつも最初の2ヶ月くらいは調子悪いのですが、それが夏まで続いたのは痛かった。田中の不振は言わずもがな。ただ、田中の離脱をチャンスに変えて小園くんが出てきてそれなりに活躍してくれたのは嬉しい誤算でした。来年、田中が復帰したときにどうなるのか、楽しみにしたいと思います。

4の新井さんの引退は、負けが込んでるときに「新井さんがいてくれたらなあ」と何度も思いました。大型連敗が2回もありましたからねえ。菊池や會澤もベンチを盛り上げようと頑張ってくれたとは思いますが、新井さんの包容力にはまだ及ばなかったんじゃないかな。たらればを言っても仕方ないのですが、この連敗も半分くらいとれていたらだいぶ違ったと思うと残念ですね。

5はねえ。個人的にはバティスタを信じたいです。アンチの人たちがやいやい言うのはそれだけ怖い選手だったということでもありますし。今からでもきちんと原因を究明して、なんで起きてしまったのかをレポートしてほしいですね。来年の契約するのかなあ。球団の判断を尊重したいところです。


まあ、なんせみんなよく頑張りました、お疲れ様でした!
まとめとかツイッター眺めてると、負けが込むと選手や監督、オーナーに罵詈雑言を撒き散らす人が増えるのが悲しいです。「やる気があるのか」とかさ、ないわけないじゃん。人間だから、集中力が切れることはどうしたってあると思うんですよ。もちろんそれは良くないことですが、それを「やる気の有無」で片付けるのはあまりに幼稚で、同じファンと思いたくありません。「しっかりやれよ!」という気持ちになることはありますけどね。

監督の采配もたしかに「どうして?」というものもあります、今年は特にそう感じることも多かったですが、僕ら外野とベンチの中とで情報量が全く違います。ベンチはそれらの情報を全て考慮して決断するわけで、結果論としてダメでもそれを否定するのは違うのかなと思うんですよね。とはいえ去年の日本シリーズの盗塁死の山は203高地を彷彿させるものがありましたが…。それでも、少なくともセ・リーグで巨人以外のチームで初めて三連覇を成し遂げた監督に対し、あまりに失礼な意見が多く、「じゃあファンやめなよ」と思うことがたくさんある一年でした。本当に悲しい。

あと、丸が出て行ったのはケチったからだとか、選手の給料が低すぎ問題を騒ぎ立てる人も多いのも地味にうるさいなあと思う部分です。マネーゲームできないのは、カープには赤字補填をしてくれる後ろ盾がいないからで、そして人件費は一人だけ上げるというわけにもいかず、全体の底上げは売上が落ちた時に即赤字になる恐れがあるのでやりたくてもできない行為です。その辺のお金の計算もできないおバカさんが騒ぐのほんと腹立つ。
一方で、もっと設備は充実させてほしいですし、トラックマンみたいな分析用のシステムも充実させてほしい。あと、いい加減転売対策どうにかしてほしいです。

ネガティブなことをたくさん書きましたが、これからも僕はカープファンです。選手、監督、コーチのみなさん、お疲れ様でした!今年の悔しさをバネに、来年はまた優勝争いできますように!

パンツの話です。

ものすごく興味ないとは思いますが、僕は普段はコットンのパンツを履いていまして、主にトレーニングやバスケなど運動をするときだけエアリズムのパンツを履いてます。

エアリズム インナー(ユニクロ公式サイト)

エアリズムのパンツ、1枚1000円とちょいとお高いんですけど、エアリズムの生地の下着を使ったことがある人はわかりますかね、肌触りさらっさらなんですよ。汗をかいても全然蒸れない。コットンのパンツだとどうしても大事なところが蒸れがちなんですけど、エアリズムのパンツはほんと蒸れない。1日履いても不快感があまりありません。どうしてもパンツを履き替えられないシーンでもなんとか耐えられます。蒸れた下着って最悪に気持ち悪いですからね。

でね、これが履き心地だけでなく、生地がとても薄いので、たたむとものすごくコンパクトになるんです。体感的にはコットンのパンツの1/4くらい。いやもっとコンパクトになるかも。
しかも乾くのが早い。旅先で洗濯する必要があって乾燥機がない場合でも、一晩干せば確実に乾きます。ドライヤー使えば速攻。ちょっとでも湿ってるパンツを履くのはかなり辛く、以前に替えのパンツがなくて手洗いしたやつをドライヤーで一生懸命乾かしましたが大変でした。

難点は乾燥機NGなところ。ドラム式洗濯乾燥機で乾燥まで一発でやっちまうわけにはいきません。構わずかけちゃう人もいるでしょうけど、なんかサラサラ感が失われそうで僕はおとなしく干してます。どうせトレーニングウエアと一緒に洗うし。(コットンのパンツの方はタオルとかと一緒にそのまま乾燥機にかけてます)

まとめますと
メリット
・蒸れない
(飛行機を乗り継ぐなどの長時間移動でも耐えられる)
・コンパクト
・乾くのが早い(万が一替えがない場合も安心)

デメリット
・値段が少し高い
・乾燥機NG


ということで、まるで旅行用に開発されたんじゃないかというくらい旅行に最適だと思います。というかそう思ったのでジム用に加えて何枚か買い足しまして、先日の1泊弾丸旅行でも容量圧縮に地味に貢献してくれました。改めて買って良かったなーと。旅行によく行く人、オススメです!

↑このページのトップヘ