昨日、2月27日水曜日はピンクシャツデー(Pink Shirt Day)でした。ピンクシャツデーとは、イジメ撲滅啓蒙のためにみんなでピンクの服を着よう!というイベントです。

発端は2007年(意外に最近!)、男の子がピンクのポロシャツを着ていたところ上級生に「ホモ」といじめられたことに始まります。その話を聞いた別の生徒2人がディスカウントストアに行ってピンクのシャツを50着買い、翌朝着てきてほしいというメッセージをそえて同級生達に配りました。翌日、配った生徒以外も話を伝え聞いてピンクのシャツを着て登校し、校内はピンクのシャツを着た生徒であふれ、それ以降その生徒に対するいじめはなくなったそうです。

で、「ええ話やないかい!」と話が広がって、カナダ全土で2月の最終水曜日をピンクシャツデーに設定してピンクの服を着るようになり、今では他の国でもピンクシャツデーは広がりつつあるそうです。ピンクの服を持っていない(着るのが恥ずかしい)人のために、少し前から学校やドラッグストアなどでも販売しています。胸にでっかく"STOP BULLYING!"(いじめはダメ!)と書かれてるのでそのためだけに買ったという言い訳にも。もちろん、ピンクの服を着なくてもそれはそれで自由なので、だからといっていじめたりしてはいけないわけです。日本だとそういうことになりそうでちょっと怖い(笑)


そんなわけで、娘もピンクに包まれて登校。



ただ娘の場合、いつもピンクなのでピンクの服は平常運行。先日、マンションのエレベーターに一人で乗ってたら、住人の知らないおばさんに
「あなた、いつもピンクの服を着てる女の子のお父さんでしょ?」
と声をかけられるくらいいつもピンク。
この日はピンクシャツデーなので、気合いを入れて全身ピンクです。シャツは言うに及ばず、レギンスも靴下もピンク。リュックもジャンパーもピンク。林家パー子状態になったのでした。娘以外にも女の子は全身ピンクの子が結構たくさんいてかわいかったです。

色々と参加しやすいイベントが多くて楽しいです、バンクーバー。次は聖パトリックデー(全身緑の日)だけど、今年は日本に帰ってるので不参加です。イースターも春休み中だしなあ。少し寂しいですね(笑)