気まぐれ思いつき日記

2012年4月から妻の海外赴任に伴い主夫業と育児に励む40代男性の日常。2年間ずつバンクーバー、LAに滞在、2016年8月末に帰国。現在は主夫と会社員とライターの三足のわらじで頑張ってます。バンクーバーやLAと関係ないことも多々あります。

2005/11


女児殺害の容疑でペルー人男性が捕まったみたいですね。犯人が捕まったことはとても嬉しいことだけど、報道の仕方が不満。どこもこぞって「ペルー人」と大見出し。これって他の在日ペルー人にすごく失礼じゃないですか?「犯人は千葉県民!」とか「板橋区出身!」てのと変わんないじゃん。商売である以上、目を引く見出しにしたいのはわかりますが、それにしても品がないし礼儀に欠けると思います。なんとかなんないもんですかね。だからマスコミは嫌いだよ。


実家に帰ってきたら、母が上海蟹をくれるってんで蒸してくれるところでした。まだ生きてる蟹。美味しく食べるから許してね。

先日奥さんに「お疲れ様とご苦労様ってどう使い分けるの?」という、簡単そうで難しい質問を受けました。一般的に会社なんかでは「お疲れ様」は目上の人に、「ご苦労様」は目下の人に、というように使い分けられてるように思います。僕もそうしてるし。現に、ビジネスマナーとしてそのように書いているところが多いです。たとえばここ(Q3参照)とか。
でもですね、これにも異論がありまして。そもそも「お疲れ様」も「ご苦労様」も労をねぎらう言葉なんですね。で、目上の人に対して労をねぎらうこと自体が失礼にあたる、としてどちらも使わないという意見もあります。なるほどー、というカンジなんですが。じゃあどういうかというと「いつもありがとうございます」とかなんかそういう感謝の気持ちを述べるのだそうで。すれ違うときに言う「お疲れ様です」ってのも「どうも」というのが正しいって前になまり亭にも出てる金田一秀穂先生がタモリのジャポニカロゴスで言ってました。正しいとはいえ、これも微妙ですよね。最近見てないけど、このジャポニカロゴス、個人的には相当面白いです。日本語好きな人は見てみてね。
話が逸れましたが、要するにどっちがいいのか悩んでるってぇわけです。多分正しいのは後者なんですが、社会通念上、もう前者がまかり通ってるのでもうこれでいいのかな、と。しかも後者はちょっと違和感あるし。でも日本語の将来をちょっと憂えちゃう、そんな今日この頃。


セブンイレブンの100%マンゴージュース。濃厚でゲロウマ。モルジブで飲んだやつを思い出します。これが200円くらいで飲めちゃうんだから、セブンイレブン恐るべし。

食堂でお昼を食べつつ笑っていいともを見て幸せなひとときを過ごしてると、掃除のおばちゃんがいつも話かけてきます。最初の頃は相手してたんだけど、そうするとキリがない。僕に限らず誰にでもそうなので、たまりかねてみんなで上司に苦情を言ったら前より良くなったんですが、今日は僕一人だったせいかまた話かけてきました。かわいそうだけど無視しちゃいました。
ていうかおばちゃんの昼休みは12時まででしょ?とっとと仕事に戻りなさいっての。

↑このページのトップヘ