気まぐれ思いつき日記

2012年4月から妻の海外赴任に伴い主夫業と育児に励む40代男性の日常。2年間ずつバンクーバー、LAに滞在、2016年8月末に帰国。現在は主夫と会社員とライターの三足のわらじで頑張ってます。バンクーバーやLAと関係ないことも多々あります。

2012/07

サーフィン。僕が大学生の頃は折からのサーフィンブームでして、陸(おか)サーファーと呼ばれるサーフィンをしないけどサーファーっぽいファッションをする人たちまでおりました。そこへきてへそ曲がりな僕としましてはあんなチャラいスポーツはやってなるものかと当時は毛嫌いしておりまして、別に硬派でもないのに何であんなに頑なに否定していたのかと今となっては反省する次第です。
最近になってやりたいなあなんて思うのですが、今度はなんだか難しそうだとか下手くそだと周りに迷惑をかけそうだとか冬場は寒そうだとかまた自分の中で勝手に障壁を作ってしまっておりまして、いかんなと。そんなこと言ってたら一生サーフィンやらないなと。そんなわけでサーフィンを始めるきっかけを探しているところだったりします。きっかけとかなんとかグダグダ言ってないでとりあえずやりゃあいいんですけどね。

で、まあそんな話とは全く関係ないのが本書です。著者はアウトドアメーカーで有名なパタゴニアの創設者でありオーナーであるイヴァン・シュイナード。タイトルにある「社員をサーフィンに行かせよう」は内容の極一部で、主にパタゴニアの歴史とその理念の紹介に紙幅を割かれています。無論、「サーフィンに…」は重要な理念の一つであり、まったく関係ないわけではありません。その狙いは、いい波が来たときは仕事中であろうといつでもサーフィンに行っても良いかわりに、いつでも行けるような仕事をしよう、というもの。また、社員がサーフィンに精通することで製品開発にも深く携われるようになることも狙いとしているそうです。サーフィンをしない社員も、趣味がロッククライミングだったりスノーボードだったりで天候によって突発的に出かけることを是とし、そして趣味以外でも家族の病気やお祝い事で会社を休むことも奨励しているそうです。他にも会社にオーガニック野菜のカフェテリアや託児施設を他社に先駆けて設けたりと社員を大切にしている社風が見て取れます。

製品開発においては、無駄を省き機能性を高め、使いやすいものを作ることに注力しています。個人的になるほどと思ったのは、「最高の製品を作る」という理念において、高級な布地を手縫いで仕上げたシャツは洗濯の手間が大変であり、そんなものは最高の製品ではない、使用するにあたり顧客の手を煩わせるというのはよろしくない、という考え方です。こういう製品へのこだわりはジョブズに通じるものがあり、いままでパタゴニアの製品を使ったことはありませんがちょっと使ってみたいなと思わされました。

また、前述の福利厚生や製品開発に関する面よりも強くその必要性を訴えているのが、企業を100年先にも存続させるために何をするべきか、ということにあり、そのためにアウトドアメーカーとして環境保護を非常に強く推進しています。自然が破壊されればアウトドアメーカーは存続できないという考えは、当たり前ではありますが果たして他の企業がどこまで真剣に考えているのかと考えさせられます。
具体的には、パタゴニアでは環境に優しい素材や染料を使用しています。また、売上げの1%を環境保護団体に寄付する「1%クラブ」を創設し毎年寄付し続けているそうです。「利益」ではなく「売上げ」の1%ってすごいですよね。曰く、「利益は会計処理の仕方次第でいくらでも変わってしまい、赤字にすれば寄付もしなくてよくなってしまう。それは誠実ではない。」ということです。まあ、シーシェパードやグリーンピースのようなちょっと過激な団体にも寄付しているのはどうかなと思うのですが、それでも考え方としては素晴らしいの一言だと思います。是非とも日本企業も1%クラブに加入して欲しいなと願う次第です。とはいえ、上場会社だと株主から色々言われてしまいなかなか難しいでしょうけどね(そのためにパタゴニアは上場せず一貫してオーナー企業を貫いています)。

とまあ、タイトルから想像するような軽いノリというよりは深く考えさせられる内容の本でした。会社の一つの形としてこういう考え方もあるんだなという点で、読んでみると面白いかもしれません。

社員をサーフィンに行かせよう―パタゴニア創業者の経営論
クリエーター情報なし
東洋経済新報社

年中お酒を飲み歩いている大竹聡さんのエッセイ。もうタイトルからして酔っぱらっちゃってます。この一言だけで、ベロベロに酔ったおじさんが鼻を真っ赤にして呂律の回らなくなった口で唾を飛ばしながら何事か訴えている様子が目に浮かびます。ああ、めんどくさいことになったなあ、と。

エッセイの内容は徹頭徹尾お酒。どこそこで誰それとお酒を飲んだとか閉店する飲み屋の思い出だとか失敗談だとか、とにかくお酒。ひたすらお酒。時として読んでるだけで酔っぱらいそうな内容なのですが、著者のお酒に対する愛情が文からにじみ出ていてついつい読み進めてしまいます。この方、とにかくお酒が好きなんですね。理由をつけては飲み、理由がないからと飲む。そんな話をひたすら読み続けていると僕までなんだか飲みたくなってしまうわけです。凍らせた焼酎で作るホッピーの美味しそうなことといったら!そんなシャレた(?)ものはバンクーバーにいるとまずもって飲めないわけでして、飲めないと思うと余計飲みたくなるのが人情というものでございます。

それにしてもこの著者、それだけ飲む人だからさぞや酒豪かと思いきや、電車を乗り過ごし(これを著者は「ブラックアウトエクスプレス」と表現している)、タクシーの運ちゃんにからみ、道ばたで吐き、記憶を失い、翌日ひどい二日酔いに悩まされるわけだからそうでもない。そこがまた本書を味わい深いものにしています。ほんともう、どこにでもいそうな等身大の酒飲みなんですね。

僕も最近でこそあまり飲まなくなったものの、学生時代から社会人3年目くらいまではバカみたいに飲み歩いてましたので、タクシーの運ちゃんにからみこそしなかったものの、ブラックアウトエクスプレスに乗ったのも一度や二度ではありません。でもタクシーに乗って帰るお金はなかったので、車を持っている友達を呼び出して迎えに来てもらったり(←最低ですね)、ファミレスで夜を明かしたり、駅の軒先で新聞をひいて寝たりしてしのいでました。ろくでもない経験ではありますが、今となってはあれはあれでいい思い出だなあなんて感慨にひたってしまったりしちゃいます。

そんなわけで、モツ焼きを食べながらホッピーを飲むことを帰国時の課題に加えておきますので、その節はどなたかご同行をお願いする次第です。


ぜんぜん酔ってません 酒呑みおじさんは今日も行く (双葉文庫)
クリエーター情報なし
双葉社

ちょこちょことiPhoneでゲームをしているのですが、最近(といってもここ数日)はまってるのがこのPocket Planes(もちろん無料)。
飛行機で人や貨物を運ぶだけなのですが、やるほどになかなか面白いのです。

このゲームはクリアするという概念がなく、ダビスタやシムシティのような育成・開発系のシステムをとっています。プレーヤーは人や貨物を運ぶことでお金を稼ぎ、空港を使えるようにしたり新しい飛行機を買い、一つの目標として世界中を飛べるようにします。

詳しい説明はこちらを参照。
iPhone AC番外レポート/Pocket Planes
APPBANK/Pocket Planes: かわいい8-bitキャラと一緒に世界中を飛び回ろう!無料。

飛行機の色を自分で決められるので、僕はOGASIN航空で全て赤と白に統一しています(厳密にいうと、初期の飛行機はよくわかってなくて違う色もいるけど)。ゆくゆくは世界最大の航空会社をつくるのが僕の夢!!


最初に自分で買った飛行機。マンチェスター開港に合わせて買ったので、パイロットはレッドデビルのコスチューム。


赤で統一されたOGASIN航空の機体達。美しい!


ゲームをやりながら理解した重要なポイント。
・ゲーム内通貨はコインとBUXの2種類があります。コインは空港を使えるようにしたり、飛行機の稼働台数を増やすのに使用。BUXは飛行機を新しく買ったり、コスチュームを変更するのに使用。最初の頃はよくわかってなくてコスチュームを買いまくってしまいましたw まあどちらもゲームしてれば割とすぐに貯まるので、あまり気にしなくてもいいんですが。ただ、BUXの方が稼ぐのが大変なので、少なくとも初期はお客さんでBUXで払ってくれる場合はそっちを優先した方が良さそうです。(お金がある人はBUXをアプリ内課金で購入できます。20BUX 85円、200BUX 450円です。)

・飛行機によって運べる量とスピード、そして飛行可能距離が異なります。ゲームスタート時に4機所有していますが、みんなあまり遠くまで飛べません。新しい飛行機を買うときは飛行可能距離にも注意して買いましょう。また、完成品の機体より、部品(エンジン・ボディ・コントロール)を買い集めた方が割安です。ちなみに長距離飛行はその分飛行時間も長いですが、飛んでる間はほっておけばいいのでラクチンです。

・マップに各都市の位置と人口が出ています。人口が多いと旅客数も多く、仕事が増えます。ただし開港にとてもお金がかかるので、最初の頃は小都市の地方空港間を細々と飛びます。いつかロンドンやパリ、東京やニューヨークも開港してやる!


飛行可能距離の問題もあり、最初はヨーロッパから始めると都市間の距離が短くてやりやすいらしいです。そんなわけでおとなしくヨーロッパから始めました。ヨーロッパの都市の位置関係を学べたのが個人的に楽しいです。


やりこみ要素としては、最初に揚げた世界中を飛べるようにすることと、飛行機の種類がたくさんあるのでそれをコンプリートすること、でしょうか。また、空港自体をグレードアップさせることも可能なようです。小さい空港だと大きい飛行機は着陸できないっぽい(まだそんな大きい飛行機は持ってない)ので道のりは長いです。いつまで続くかなー。

こう書くとちょっとめんどくさそうですけど、最初の頃にできることはほぼ荷物を運ぶことだけなのでそんなに構えずに始めてみると楽しいですよー。

Pocket Planes

↑このページのトップヘ