気まぐれ思いつき日記

2012年4月から妻の海外赴任に伴い主夫業と育児に励む40代男性の日常。2年間ずつバンクーバー、LAに滞在、2016年8月末に帰国。現在は主夫と会社員とライターの三足のわらじで頑張ってます。バンクーバーやLAと関係ないことも多々あります。

2012/08

失敗したら反省点を見つけて速やかに修正することが大切なのです。

そんなわけで、前回の水餃子作りでの反省をしながら再度挑戦。水餃子大好きだから、前に食べてから日が浅くても問題ない。

まず、反省点。
1)皮があまりもっちりじゃなかった
  →他のサイトのレシピを見ると、どうやら塩を入れたほうがいいのと、数時間ねかせたほうがいいということが判明。あと、ねりが甘かったかも。
2)餡が少なくて物足りなかった
  →皮1枚に使う生地が小さかった上に十分に伸ばさなかったので皮も小さく、のせられる餡も少なくなってしまった。なので今回は生地も多めにし、めんぼうも使ってでかい皮を作ることにした。

1)のねりにおいて、ホームベーカリーを使えるんじゃないかと思って調べてみたところ、うどんモードでどうやらいけそうな気がしたのでやってみました。結論としては、ばっちり。すごくしっかりとねれました。念のため少しねかせたあと手でもう少しこねてからしっかりねかせてみました。そしたらのばすときにすでにしっかりと弾力があり、全然違いました。うーむ、こんなに違ってくるとは。。。

で、今回は打ち粉もして大きめの皮をつくり、餡をどかんとのせました。当然、できあがった餃子はかなり大きいものに。感覚としては前回の倍くらいあるかも(笑)


きれいに並べてから撮れば良かった、、、。

で、こいつらをたっぷりのお湯で茹でて出来上がり。



前回よりはボリュームもずっとあり、皮もモチモチしてて美味しかった!でもまだすごく美味しいお店のツルプル感は出ないんだよなあ。何が違うんだろ。粉の配分かしら。このあたりはひまなときに研究してみたいと思います。

帰りが遅い奥さんのために焼き餃子にしたらこっちも美味しそうでした。写真撮り忘れたのが悔しい!次回は同じ作り方で自分用のも焼き餃子にしようかな。
とりあえず、餃子作り、楽しいです。

 パン焼き物語第一話
   〃   第二話

前回のエントリーの最後に書きましたが、カルデラパンの原因はスペルト小麦という小麦とは違うものを使っていたことにあるようで、イースト菌は買い直したもので問題ないだろうという結論に達し、いざ最終決戦へ。

Whole Foodsというお気に入りのオーガニック系スーパーで今度こそばっちりな小麦粉を探します。



でも種類が多過ぎてよくわからないんですよね、、、。「ピザ用」なんかもあってそのうち使ってみたいけど、今はお前じゃない。

そこで量り売りコーナーに行ってみたら、ありましたよ、「パン用」。





「これだ!」ってんで、とりあえず1斤焼くのに必要な量だけ購入しました。


余談ですが、さすが移民の多い土地柄だけあって、量り売りしてる穀物も種類が豊富です。お米だってこのとおり。



日本のように「ササニシキ」とか「コシヒカリ」とかというブランドの概念はあまりないのですが、インディカ米からジャスミンライス、黒米等々、とにかくたくさんあります。”For Sushi"なんてのもあります(インディカ米と何が違うんだろ)。海南鶏飯(ハイナンチーファン・別名シンガポールチキンライス)を作るときはジャスミンライスを買ってみようかなと思ってます。こっちには美味しくて安い海南鶏飯のお店が多いので自分で作ることがあるかどうかはわかりませんが。


本題に戻りまして、「パン用の小麦粉」と"Quick-Rise"のイースト菌を使ってパンを焼きます。何回も失敗してるけど、量っていれる作業は同じだからだいぶ慣れてきました(笑)

そして完成品、、、



ちゃんと膨らんだ!!!そっか、パンって膨らむんだ!!
切ってみると中が白くってふっわふわ。



蜂蜜をつけて美味しくいただきました。いやー、ちゃんとした焼きたてのパンは美味しいわー!

最初に上手に焼けなかったのは、小麦粉とイースト菌両方間違っていたというすごく残念な事実も判明してしまいましたが、終わり良ければ全て良し!これからは教えてもらったレシピや自分で工夫したりして楽しんでいきたいと思います。ここまでの試行錯誤も実験みたいで楽しかったけどね!

下の「ぷるんぷるんの美味しい水餃子が簡単に作れる」という記事を読んで、水餃子大好きっ子としては俄然作る気が湧いてきまして、早速作ってみました。なんでもまずはやってみることが大切!

中国人シェフ直伝の皮から作る水餃子がめちゃ簡単でめちゃウマッ☆
シェフ「家庭料理なんだから難しいわけがない」



で、小一時間かかってちょいと不細工な水餃子完成!



味は、まあまあかな。そこまで皮がぷるんぷるんじゃなかったのは何がいけなかったのか。
皮の生地コネコネするのはなかなか楽しかったのですが、皮にするのが結構難しかったです。うまく均等に丸くならない。粉をふってからやれば良かったなとあとで思いました。
包む作業はまあそれなり。手早くやらないと皮がだれてくるのが大変。餡を入れすぎるとちゃんと餡を閉じられないし、びびって餡を少なめにしたら、ちょっと物足りない感じでした。皮を少し大きめにしても、餡をしっかり入れた方がいいなあというのが反省点。
自分で買って来た材料で作るという意味ではとっても安心だし、そんなに難しくもなかったのでまた作ってもいいかなー。


びびったせいで餡が結構余ってしまい、翌日に中華団子スープにしました。



一応、作り方
1)鍋にお湯を沸かす
2)その間に白菜を短冊切りにする
3)餡に片栗粉を適量入れてよく混ぜる
4)卵を器に割り入れて溶いておく
5)お湯に白菜を投入
6)中華スープの元(我が家は王覇を愛用)を入れる(味見しながら適当に)
7)沸騰してるところに餡をスプーンですくって入れる
8)餡が固まってきたら溶き卵を入れて、卵が適度に固まったら出来上がり

水餃子より美味しかったかもしれない(笑)
白菜はどうせ餃子で使うので余ってると思いますから、餃子作ったらそのまま家にあるもので作れてしまうのがいいですね。
つなぎに入れる片栗粉の量が足りず、団子がばらけてしまったのが残念だったけど、味は変わらないから良しとします!


【追記】
次回はこれを参考にしてみようと思います。
AllAboutプラチナレシピプリプリ!皮から作る水餃子のレシピ



おまけ

水餃子のページと同じ人がオススメしてる、西紅柿炒蛋(しーほんしーちゃおだん・トマトの卵炒め)も作ってみましたよ。

現地日本人に超絶愛されているのになぜか日本にない中華
「トマトの卵炒め」はめちゃ簡単でオススメ / 西紅柿炒蛋(しーほんしーちゃおだん)




味はまああれだ、生トマト入りオムレツの中華スープ味バージョン。たしかに美味しいけど「超絶愛される」ほどのものでもない気がするなあ。
多分もう作りません(笑)



前のエントリーでちょっと登場したアボカドディップ。すっごく簡単だけど美味しいのでレシピ(というほどのものでもないけど)をご紹介。
写真では(失敗した)パンに塗ってますが、バゲットとかに塗って食べると最高です。

では作り方。

1)アボカドを切って、ボウルに入れます。

2)マッシャーで適当につぶします。

3)クレイジーソルトと黒胡椒で味をつけて出来上がり。お好みでレモンやライムをしぼっても美味しいです。


めんどくさければ最初から器に入れて作っても大丈夫です。マッシャーは100円ショップで売ってるような小さいので十分です(小さいもの方が便利なこともあります)。持ってない人はこれがあるとタルタルソース作ったりポテトサラダ作ったりするときにとてもはかどるので買ってしまっていいと思います。

アボカドのタネは下で紹介されてる方法を使うとめちゃくちゃ簡単にとれます。この方法は桃とか食べるときも重宝してます。
あっという間にすもももももも種がとれるワザ


クレイジー ソルト 113g
クリエーター情報なし
ジェーン


かわいいマッシャー
クリエーター情報なし
カクセー

前回までのあらすじ)
美味しいパンを焼こうとする筆者に抗うホームベーカリーBMS104。何度焼いてもカルデラが形成されることに業を煮やした筆者は遂に新しいイースト菌を購入することにしたのだが、、、



買ってきましたよ、新しいイースト菌。でね、気付いたの。気付いちゃったんですよ、自分の間違いに!



上の写真をご覧ください。これはスーパーのイースト菌売り場で、最初に買ったのは左のえんじ色のラインが入ってるやつだったんだけど、右のオレンジの方をよく見て!
"Quick Rise"って書いてあんの!これだった!ちゃんと読んでないから当てずっぽうだけど、多分最初に買ったのは予備発酵(←よく知らないけど聞いたことがある気がする言葉)かなんかが必要な本格的なやつだったんだよ!なんだよもー、最初からよく見てればこんな悔しい思いをしなくてもすんだんじゃん。あー、まったくもー、俺のおバカさん!

うきうきルンルンになりながら、早速焼いてみましたよ。良いとわかってる結果って出るのが楽しみですよね!
投入して4時間後、キッチンにパンの焼けるいい匂いが立ちこめて、自ずと期待はクライマックスに。ホームベーカリーが高らかに勝利をつげるホイッスルを鳴らし、わくわくどきどきしながら蓋を開けましたよ!


いざ!ご開帳\(^o^)/



ジャーン!



Σ(゚Д゚;) え?

あれ? 

へ こ ん で る ?

(つд⊂)ゴシゴシ

(/ω・\)チラッ


べこーん。

やっぱり凹んでる、、、、、(´;ω;`)



とりあえず、アボカドディップを塗っていただきます。味は悪くないんだよ、味は、、、。





<今回の実験で導き出された結果と考察>
どうやら小麦粉がいけないみたいです。タンパク質含有量ばっかり気にしてたんだけど、買ってきたのは「スペルト小麦」というやつで小麦とは別物だったようです。トーストしてるときに若干酸っぱい匂いした(でも味は酸っぱくない)のでおかしいとは思ったんだよね、、、。使い切ったし、別なの買いに行ってきます。つか、小麦粉っぽいやつ種類たくさんありすぎてよくわかんないよ!!

↑このページのトップヘ