気まぐれ思いつき日記

2012年4月から妻の海外赴任に伴い主夫業と育児に励む40代男性の日常。2年間ずつバンクーバー、LAに滞在、2016年8月末に帰国。現在は主夫と会社員とライターの三足のわらじで頑張ってます。バンクーバーやLAと関係ないことも多々あります。

2012/11

明日はプロ・デーといって先生の研究日的扱いで学校がお休み。それでなのか、父母会でイベントを開いてくれました。

で、それがダンスパーティー!「DJのなんとかさんを呼ぶよ」とか言われてたんだけど、どんなのかわからなくてとりあえず行ってみたらですよ。





小学校の体育館がクラブホールになってた!w
暗闇に浮き上がるレーザービーム、ガンガン流れるダンスミュージック。うちの娘、5歳。何この異空間。



でも娘ちゃん、すっごい楽しそうに踊ってた。ママ友さんに「何かダンスとか習ってるんですか?」って言われたけど習ってません。楽しきゃ何でもいいやね。

かかってる曲はほとんど知らない曲でしたが、3つだけ知ってるのありました。世界中でヒットしてるけど日本ではヒットしてないことで有名な"江南スタイル"(これ、こっちではホントにしょっちゅう流れてます。実は結構好きw)、お父さんお母さんウケを狙ったとしか思えないABBAの"Dancing Queen"、同じくVillage Peopleの"YMCA"(西城秀樹がカバーしてるやつね)。YMCA、子ども達もみんな知ってるのね。ちゃんと手で「わーい、えむ、し、えー」ってやってました。みんなすっごく楽しそうで、こういうイベントをやれるって素敵だなあと眺めてました。
ちなみに6年生、7年生くらいになると、一緒に踊ってくれる異性をあらかじめ探して楽しむということまでしてたそうです。小学生ですよ?ママ友さんと「ブロムかよ!」とつっこんでおきましたが、いやー、最近の子はすごいね。おじさんびっくり。

ということで、娘、5歳にしてクラブ的なものデビューしてまいりました。お父さんも久しぶりにこういう雰囲気を味わえて楽しかったです。欲を言えばビージーズも流していただきたかったです。サタデー・ナイト・フィーバーまた観たいなあ。トラボルタかっこいいっす。


サタデー・ナイト・フィーバー 製作30周年記念版 デジタル・リマスター版 スペシャル・コレクターズ・エディション [DVD]
パラマウント ホーム エンタテインメント ジャパン




にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へ←参考になったと思ったらクリックしてね

美味しい焼き肉が食べたい!

定期的に焼き肉欲が高まり唐突に叫ぶわけですが、どういうわけかこちらではあまり焼き肉屋さんがありません。サシが入ったとろけるようなカルビなんてわがままを言ってるわけではなく、普通に鉄板でジュージューする焼き肉屋さんがあまりないのです。

それでも人に聞いたり調べたりして行ってみた焼き肉屋さんをいくつかご紹介。

まる忠
バンクーバーで焼き肉屋さんといえばここ!「どこか美味しい焼き肉屋さんありますか?」と尋ねると、大抵ここを紹介されます。
で、楽しみにして行ってみたんですが、、、うーん、うーん、美味しいかあ?僕たちが行ったときがたまたまハズレだった可能性はありますが、お世辞にも美味しいとは言い難い、そう、松屋(牛丼屋さん)の焼き肉定食に出てくるレベルのお肉が結構いいお値段で出てきました。安楽亭のお肉を普通の焼き肉屋さんプライスでご提供!みたいな。そして接客。ブログを見るとどうも退職されたようですが、おばさんがとにかく感じ悪かった。しつこく3~4人前の「おすすめセット」をおすすめしてくる。いや、こっち幼児連れの3人家族ですから。しかもそんなにがっつり食べないし。呼んでも来ないし。しかも空いてる時間ですよ?
ということで、僕的には二度と行かないお店ランキングの上位に入ってるお店です。もちろん、好きな方もいらっしゃるようなので、好みとか当たり外れとかあるとは思うんですが。
なお、お肉の写真は撮る価値なしと判断して撮ってません。


牛角

出ました、サラリーマンの味方、安くて味もそこそこ、チェーン系焼き肉屋さんの定番、牛角。こちらバンクーバーでも安定の品質。「久しぶりに焼き肉屋さんの焼き肉食べたー」という気持ちにさせてくれました。接客もすごく感じいいです。おねえさん、美人多い。大切なことなのでもう一度書いておきますが、おねえさん、美人多い。店内が少し暗めで分かりづらいのも手伝ってるかもしれませんが、とりあえず僕のインプレッションとしては美人が多かったです。(しつこい)





お肉もタレの種類が色々選べて、噛み切れないようなものじゃなく柔らかくて美味しいお肉でした。ただ、少し高い。感覚的には日本の牛角の1.5倍くらいします。とはいえ、日本のが安過ぎるということもあるのでそこまで不満はありません。


CHO-SUN

バンクーバー経済新聞の記事を友人に教えてもらい、ちょっと微妙な雰囲気を感じ取りながらも行ってみました。夜に家族で行って失敗するとダメージがでかいので、被害を最小限にするためランチ、お一人様。
ところがランチは、2人前セットの40ドル近いやつしかお肉ジュージューができないとのこと。



「その値段出せば叙々苑でランチ食べられるよね」とか思いながら、さすがにそれを一人でオーダーする根性はないのでお弁当っぽい、お肉も焼かれて出てくるセットメニューをオーダー。



この時点でやっちまった感ありあり。「もうこうなったら写真とのギャップで笑わせるネタにするしかないだろ」と半分ワクワクしながら待っていたら、



普通のが出てきた。写真と一緒のやつ。肝心のお味も悪くないです。これで税込み12ドルくらい。うーん、わざわざランチにここまで来るかと言われればNOだけど、近所に住んでたらたまになら来てもいいかな、というレベル。ちょっと夜のメニューが気になります。



ただ、「日本風」というのを売りにしてるからか知りませんが、カボチャの天ぷらを2枚も入れるのはどうかと思いました。あと、キムチは焼き肉屋さんだし譲るとしても、デザート的についてきたトッポギに甘いきな粉みたいな粉がまぶしてあるやつは絶対に日本風じゃないだろと思いました。美味しかったけどね。


さて、とりあえず僕が行ったお店はこんなところなのですが(もう1軒、韓国焼き肉屋さん行ったけど美味しくなかった)、最初のまる忠に行ってからしばらく絶望して焼き肉屋さん訪問を断念している間の焼き肉熱を抑えるため、自宅でジュージューしてました。自分で漬けダレを作ってみたり、市販のタレを買ってみたり。お肉は韓国系スーパーに行くとそれっぽいものが売ってます。さすが。漬けダレ作りもこれはこれでなかなか楽しいです。タマネギやリンゴ、ニンニクを摺り下ろして混ぜると本格的な気がしてきます。

市販のものでオススメはSOYVAYというソースメーカーの"VERY VERY TERIYAKI"というやつ。日本の焼き肉とは違ってしまうけど、マリネして焼くとハワイで食べるプレートランチのお肉の味になって、これはこれで◎!プレートランチ風に柔らかめのご飯とマカロニサラダを添えて、ハワイを懐かしみながら食べます。


(写真は鳥もも肉を"VERY VERY TERIYAKI"でマリネして焼いたもの)

ただ残念なことに、こちらの換気扇はとにかくヘボい。音だけは立派で「全てを吸い込んでやるぜ!」という意気込みは感じますが、実際は「あるだけマシ」なレベル。それに加えて火災報知器が異常に敏感。少し熱や煙を感じると騒々しく鳴り響きます。オーブンを予熱しただけで(もちろん換気扇はONにして)反応したときは泣きそうになりました。毎日のようにどこかの家で鳴り響いています。対策としては、オーブンを使うときやお肉を焼くときは報知器を外します(笑)使い終わったらちゃんと戻さないといけませんが、うるさいよりまし。あと、ベランダでBBQコンロで焼いてる人をよく見かけます。こちらのBBQは炭よりガスが主流なので、手軽に使えるからというのもあるのでしょう。でっかいやつを使って焼いてるんだか炒めてるんだか分からない焼き方をしています。やっぱりBBQコンロで焼いたやつの方が美味しいんですよねえ。うちも来シーズンはBBQコンロ欲しいなあ。。。


以上、バンクーバーの焼き肉事情でした。日本に帰ったら美味しい焼き肉食べるぞー!


おまけ
以前住んでいた中目黒は焼き肉屋さん激戦区で、美味しい焼き肉屋さんがたくさんありました。お気に入りのお店をいくつかご紹介。どこも美味しいです!
ビーフキッチン:僕のいちばんのお気に入り。厚切りだけど柔らかくて美味しい!値段も割と控えめだし店員さんも爽やかで感じがいいです。
かねしろ:奥さんのお気に入り。ビーフキッチンより上品な感じのお店で、店内も静か。値段はビーフキッチンと同じくらい。ここも感じいいです。
チャンピオン:恵比寿の有名店の姉妹店。お値段は少し張るけど、やっぱり美味しいです。5000円くらいのコースでもお腹いっぱいになれます。
東京苑:壮行会で従兄に連れて行ってもらった、ちょっと高い焼き肉屋さん。予約しないと入れないくらいの人気です。雰囲気もいいし、すっごい美味しい。


にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へ←参考になったと思ったらクリックしてね

今年の1月にこんなエントリを書いたのですが、

コンデジの行方

最近はWifiを使ってスマホと連携するデジカメがちらほら出てきてて、我ながら先見の明があるなあなんて一人悦に入っております。ただ、まだまだごく一部の機種にしか搭載していない模様ですが、もうあと1、2年したら標準搭載が当たり前になるんだろうなと思ってます。

で、連携することによるメリットは前にも書いたしカメラメーカーの商品説明にも出てるのですが、もう少し解説を付け加えてみました。


1)共有しやすい
なんといってもこれでしょう。撮ったその場でSNSなどに共有できる。スマホとカメラが連携することでスマホが得られる最大のメリットです。
最近のスマホのカメラのスペックは、光学ズームを除けば一昔前のコンデジを上回るレベルになっていますが、それでも「写真を撮る専用機=カメラ」にしか撮れない写真もあります。そんな写真もすぐに投稿できるのは、写真を撮ることが好きな人にとっては朗報ではないでしょうか。
ただ、そんな写真を撮らない人にはカメラは不要とも言えます。そして大半の人はそうなのかもしれません。頑張れカメラメーカー!

最近はAndoroid搭載のカメラとかあさっての方向に走ってるとしか思えないカメラも出てきてますが、これも撮った写真の共有のしやすさを考えてのことでしょう。でもカメラで一生懸命コメント入力するとかマヌケ過ぎます。しかもWifi環境下でないと使えないし。「スマホ持っていない人もいるから」とかいう理由だとしたら、そんな人はAndroid搭載デジカメなんて買いません。そんな人のために貴重な開発資本を使うのはバカです。カメラには「スマホでは撮れないいい写真を撮る」というお仕事だけさせておけばいいんです。個人的には最近のデジカメについてくる、白黒とかに画像編集する機能すらいらない気がしてます。


2)スマホでシャッターが切れる
1がスマホにとってのメリットなら、これはカメラにとってのメリット。
離れた場所から画面を確認しながらシャッターが切れる。これまたすごいことですよ。記念撮影はもちろんのこと、手振れしやすい夜景の撮影なんかにも使えます。水の中を電波が伝わるのかどうか知りませんが、伝わるのだとしたら防水デジカメを水に沈めて、前を魚がよぎったタイミングでシャッターを押すというような使い方もできるかもしれません。水中に限らず、頭を入れることができない状況で手とカメラだけ突っ込んで、でもちゃんと画面を確認しながらシャッターを押せるというのは結構重宝するんじゃないでしょうか。あ、スカートの中とかイリーガルなのはダメですよ。
また、山頂での星空の撮影において寒い寒い中、かじかむ手でしなくとも、暖かい車の中でゆっくりと露出やシャッタースピードの調整をすることだって可能です。(水中も星空も実体験として欲しいなと思ってる機能ですw)

そして、iPadなどのタブレットとの連携。海外に行くと結構な割合でタブレットで写真を撮ってる方に遭遇するわけなんですが、でっかい画面で出来上がりを確認しながら写真が撮れるってなにげにすごいことですよね。撮ったその場で大きい画面で確認できるだけでもかなり嬉しいことなのに、確認しながら撮れちゃう。特に老眼の進行したお年寄りには重宝するんじゃないでしょうか。


ということで、現状ではWifi搭載デジカメはまだ物好きな方々が買うレベルの代物かもしれませんが、上記のような使い方が一般化すれば当たり前に搭載されるようになるんじゃないのかな、というか当たり前に搭載されて欲しい!と思ってます。今後も楽しみに見守っていきましょう。

バンクーバーの情報サイト、GoToVanを眺めてたら、色々なクリスマスイベントがあることがわかり、なんだか盛り上がってまいりました。自分用の整理も兼ねて、一覧にしてみました。紹介文もGoToVanから引用させていただきました。


Festival of Lights

「バンデュッセン植物園 - VanDusen」で毎年開催される、百万個以上のイルミネーションを使用してライトアップされる最大級のイベント。広大な庭園が 140万個ものライトで美しく彩られます。園内では Santa's Living Room、Dancing Lights、Choir Concerts などイベントも盛り沢山。
2012/12/7(金) - 2013/1/1(火)
4:30pm - 9:00pm
(12/25は休み)
場所:バンデュッセン植物園


Bright Nights

毎年スタンレーパークで行われる音とイルミネーションのイベント。
2012/11/30(金) - 2013/1/2(水)
終日開催
場所:スタンレーパーク


Carol Ships Parade Of Lights Festival

50年前、Coal Harbourで一艘の船がクリスマス・デコレーションをしたことから毎年恒例となった船のライトアップ・イベント。合計100,000のライトに飾られた50艘の船が見られます。海辺から眺めるも良し、乗船してイベントを楽しむも良し。
2012/12/1(土) - 12/23(日)
終日開催
場所:港?


Lights of Hope - St. Paul’s Hospital

病院に寄付をした企業、個人に対しての御礼と感謝を表した毎年恒例のイルミネーションで、毎年11月中~1月初まで毎晩点灯されます。
2012/11/15(木) - 2013/1/10(木)
6:00pm - 11:50pm
場所:St.Paul's Hospital


Vancouver Festival of Trees

Four Seasons Hotel で毎年行われるファンドレイジングイベント。地元の企業や個人などがスポンサーとなり、数多くのクリスマスツリーをデコレーションし、ホテル内と隣接された Pacific Centre Mall 内に飾られる。お気に入りのツリーを選んで寄付金と一緒に投票。集まった寄付金は BC Children's Hospital 寄付に当てられる。
2012/11/23(金) - 2013/1/3(木)
終日開催
場所:フォーシーズンズホテル&パシフィックセンター
見学レポ) クリスマスツリーで寄付を募ります


Vancouver Christmas Market

ダウンタウン内のクリスマスマーケット。ダウンタウンの一角、クイーン・エリザベス・シアター前の会場内にクリスマスの伝統的なお菓子やクラフトのお店が並び、カップルや家族連れで賑わう。
2012/11/24(土) - 12/24(月)
終日開催
場所:クイーン・エリザベス・シアター前
見学レポ)クリスマスマーケットに行ってきた


HERITAGE CHRISTMAS ILLUMINATED

ホリデーシーズンの間 村中がイルミネーションで飾られクリスマスの雰囲気を楽しむことができます。様々な展示物やスタッフによる1920年台のクリスマスの過ごし方のお話、サンタさんとの触れ合いなどもあります。メリーゴーラウンドに乗るのに$2.30かかりますが、入場はフリー。
2012/11/24(土) - 2013/1/4(金)
終日開催
(12/24・25は休み)
場所:Burnaby Village Museum & Carousel


The Peak of Christmas

バンクーバーから公共交通機関で気軽に行ける Grouse Mountain のクリスマスイベント。期間中、Grouse Mountain の頂上にて、サンタに会える「Santa's Workshop」や屋外スケート、巨大スクリーンでの映画鑑賞などなど、想い出に残りそうなイベントが行われる。
2012/11/24(土) - 12/24(月)
終日開催
場所:Grouse Mountain


Rogers Santa Claus Parade

毎年恒例、12月に行われるサンタクロースのイベントで、バンクーバーの企業や機関・団体などのマーチングバンドや色とりどりの派手なフロートがパレードを行い、パレードの最後にはサンタクロースが登場する。
2012/12/2(日)
1:00pm - 3:00pm
見学レポ)サンタパレードに行ってきた


Canyon Lights

ノースバンクーバーの観光名所キャピラノのつり橋で毎年行われるクリスマスイルミネーション。25万個の電球がつり橋をライトアップし暗闇の中で浮かび上がる。つり橋以外にも、Tree Tops Adventure、CliffWalk などのアトラクションも同時にライトップされ、さらにバンドの演奏や子供用のアトラクションもあり。
2012/12/2(日) - 2013/1/1(火)
5:00pm - 9:00pm
(12/25は休み)
Capilano Suspension Bridge


最後のキャピラノ以外はできれば全部行きたいなあと思っていますが、果たしていくつ見れることやら。お天気とも相談なので、たくさん晴れますように!


にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へ←参考になったと思ったらクリックしてね

車で出かけて買い物や食事をしたいとき、お店の駐車場など無料の駐車スペースがあればそこに停めるのですが、有料の駐車場や路駐をせざるをえないことが多々あります。そこで駐車料金の払い方なのですが、大きく3つの方法があります。

1)コイン
王道ですね。通常、10¢以上の硬貨が使えることが多いです。ただ、ダウンタウンなど駐車料金が高い場所だと25¢入れて数分しか増えないということも。あと、普段の支払いをクレジットカードで済ませているのでコインがなくて絶望的な気持ちになることも。

2)クレジットカード
駐車券を発行するタイプの駐車場で使える場合が多いです。逆に、路上ではほとんど見かけません。駐車券を発行する際に車のナンバーや駐車スペースの番号を入力するタイプと、何も入力せず必要時間分だけ支払うタイプとがあります。後者は車のダッシュボードに駐車券を置く必要がありますのでちょっとめんどくさいです。前者でも置く必要がある場合もあるので、但し書きをよく見ないといけません。あと、スーパーなどに設置されている場合は買い物をすると駐車料金が返ってくることが多いです。

3)携帯電話
pay by phoneと言います。支払い会社に電話し、メーターに書かれた個別の識別番号を入力することで支払います。これ、日本では見かけないと思うのですが、こちらではよく見かける支払い方法です。結構どこでも使えます。使い方がよくわからなくてまだ設定していなかったのですが、サイトを見る限りそんなに難しくなさそうなので登録して近々使ってみようと思ってます。


この方法の良いところは、予定より時間がかかってしまい追加で払いたいときもわざわざ車の前まで戻らなくてもいいというところ。支払い用のアプリもあります。支払い情報はメーター監視員さんの端末に反映されるとのこと。なるほどー。ただ、メーターに反映しないっぽいのでそこがちょっと心配。


<日本との違い>
駐車場の入り口におじさんがいて駐車料金を徴収している、というところがほとんどありません。というか、入り口にゲートがあるところ自体少ない気がします。おじさんの給料やゲートのメンテナンスコストを考えると、不定期に見回りして払ってない車をチェックする方がローコストで済むということなんでしょうね。なんで日本ではあまり導入されてないのかしら。こちらの場合、ゲートなんかしょっちゅう壊れそうだからかなと勝手に推測しています。

あと、日本だと前払いの場合は滞在時間に関わらず一定料金を支払いますが、こちらでは水族館などの駐車料金も滞在時間に応じて支払います。長くいると思えば多めに、すぐ帰ると決めていれば1時間分だけ、など自由に選べます。長時間になると単価が下がったりします。また季節によって料金が変わることも。柔軟性が高くていいですね。

こうやってみると、たかだか駐車料金の払い方一つとっても結構違っていて興味深いです。
Pay By Phoneは利用者のメリットが大きいので、Times24あたりが導入したらいいですね。


にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へ←参考になったと思ったらクリックしてね

↑このページのトップヘ