気まぐれ思いつき日記

2012年4月から妻の海外赴任に伴い主夫業と育児に励む40代男性の日常。2年間ずつバンクーバー、LAに滞在、2016年8月末に帰国。現在は主夫と会社員とライターの三足のわらじで頑張ってます。バンクーバーやLAと関係ないことも多々あります。

2018/01

僕は物を覚えるのがあまり得意ではないので、なんでもメモを取っておくことが多いです。会社ではメモ帳(アプリではなく、紙のやつ)に、仕事が落ちて来たりやらないとと思ったやつを片っ端から書いてます。保存しておく必要があるものは探す時に検索しやすいように何個かキーになりそうな言葉と一緒にGoogle Documentに書いてGoogle Driveにぶっこんでおきます。

で、プライベートで最近よく使っているのが Google のサービスの一つ Google Keep です。
こちらはメモを保存するだけではなく、チェックボックスのついたリストを作ることもできます。以前は iPhone のリマインダーというアプリを使っていましたが、 Google Keepの方が検索性が高いので最近はこちらをよく使っています。もはやGoogleなしでは生活できませんw

リストは買い物のメモから ToDoリスト、旅行の時の持ち物リストなどいろいろです。
特に旅行の時の持ち物リストは、一度作ってしまえば何回でも使えますし見ながら物を揃えていけばいいだけなので、忘れ物を防ぐのはもちろんのこと、何が必要かと考える時間も労力も減りますし、旅行中にあれがあればよかったなあという時にリストに加えておけば次は持っていけるので非常に重宝しています。

うちは娘(小4)にもスマホを与えていて、最近僕は娘にも何でもリストを作るように指示しています。とにかく、物を覚えるのはどう考えても人間よりもコンピューターの方が得意なのでそちらに任せて、考えたり工夫する方にエネルギーを使うようにしたいと思いますし、娘にもそういう風になって欲しいと思っています。

と伝えてもいまいちピンと来てない娘に「お金持ちになろうと思ったらそういうことができないといけないよ」と話したら何かものすごく説得力があったようです。お金持ちになりたいよね、おもちゃ買い放題だしね。

子供にスマホやタブレットを持たせる功罪は色々言われていますが、僕個人としては子供のうちからこういうものを使うのにどんどん慣れて、クリエイティブな方向に脳みそと時間を使ってほしいと強く思っています。

・・・・・・・
で、どうしたらそっち方向に脳みそ使ってくれるんでしょうね。
とりあえずNintendo Labo買うか、、、!(自分が欲しいだけ)

今日もバカみたいに寒いです。寒いの嫌いなんで辛い。そして路面はところどころ凍っているのに寒いからってポケットに手をつっこんで歩いてる人を見るとドキドキしちゃいます。滑って転んで頭打って死んでも知らないよ!

でも、ポケットから出してたら手が冷たくてかじかんじゃいますよね。。。
そこでお勧めしたいのがこちらの手袋!(ダイレクトマーケティング)

Twitterで友達が勧めていたので買ってみたところ、素直にすごく良かったのでお勧めです。おすすめポイントは、まず手袋をしたまま触ってもものすごく反応が良いところ。スマホ対応の手袋はたくさんありますが、手袋によっては反応はするんだけれどもイマイチなものもある中でこちらは手袋をしていることを感じさせないぐらいしっかり反応してくれます。
そして指先を除く手のひら側の表面にすべり止め加工がしてありますので、手袋をしたままスマホを持っても滑って落としそうになることがあまりありません。
冗談抜きに本当にオススメです!


そして寒い日にはホットチョコレートが飲みたくなりますよね。
こちらについてはまだ試していないのですけれどもすごく美味しそうなホットチョコレートの飲み方が(別の人だけど)同じくTwitterで紹介されていたので載せておきます。


あー、美味しそうだなあ、飲みたいなあ。今家にチョコレートがないので今夜はホットチョコレートの代わりに焼酎のお湯割りを飲むことにしておきます。 仕方ない。

ほんと、早く暖かくならないかなあ。。。

家の中が寒いです。とにかく寒い。我が家がボロアパートだからというのもあるのでしょうが、それにしても寒い、寒すぎる。なんでも大寒波が来ていて夜中から明け方にかけては外気温は結構な氷点下らしいじゃないですか。いくらなんでも家の中が氷点下ということはありませんが、それにしても寒い。

あまりに寒いので昨夜は寝るときに枕の向きを逆にしたくらいです(普段は窓側に頭を置いています)。何かの記事で見かけたのですが、どうやら北海道とかは外がめちゃくちゃ寒いのに家が寒くならない、要するに断熱性がとても高い家の設計になっているそうで。翻って東京は断熱性が低い家が多く、北海道から来た人も家の中が寒いと文句を言っているんだとか。

そこにきて先日の大雪の日、夜18時頃の都内の電気使用量は発電能力の95%になったそうです。寒ければ暖房を入れるし、みんな一斉に帰宅したらまあそうなりますよね。これがもしもっと都内の住宅の断熱性が高ければ100%を超えてしまうのではないかこのままでは停電してしまうのではないかとビクビクする必要もなかったはずです。

僕思うんですけれども、これだけエネルギーの枯渇が叫ばれている中で断熱性が低い住宅を作るのってまずいんじゃないでしょうか。ある種犯罪行為ですよ。
なのでこれから作る建物は全て、一定レベルの断熱性を下回った場合には課徴金みたいなものを課して、逆に一定レベルを超えているところには減税や助成金を出す仕組みを政府は早急に取り入れるべきではないかと思うんですよ。いやまじで。あと、不動産の賃貸や売買情報に家の断熱性の提示を義務化して欲しいです。どうやって調べるのか知らないけど。そしたら「ほーん、この家は夏は暑そうで冬は寒そうだな。やめとくか。」とか「ちょっと高いけど断熱性高いならエアコン代もあまりかからないしこっちにするか」とかなるじゃないですか。

ちなみに日本の窓は世界的に見ても断熱性という面で非常にレベルが低く、他の多くの国では一定レベルを下回る効率の窓は法律で使用を禁止されています。これは窓枠が日本ではアルミサッシが比較的多いですがアルミは熱伝導効率がとても高いので素材として全く向いていないにも関わらず使用されていることによります。このあたりはこの記事(※)の受け売りなんですけど。

我が国は何でもすぐに規制したがるくせにこういうのを規制しないのはアホだなぁと思いますので、是非ともお役人様におかれましては規制の検討をお願いいたします。

ーーーーーー

※おまけ
リンク先が消えた場合に備えて、記事の内容についてもう少しサマリーを書いておきますと、

窓の断熱性能は「熱貫流率」という指標で比較します。U値ともいい、単位はW/m2・K。1平米あたり、かつ1時間あたりに通す熱量を表し、数字が小さいほど熱の出入りが少なく高性能な窓ガラスということに。ヨーロッパの最低基準は北欧など寒いところで1.0~2.0、フランスやイタリアなど暖かい地方があるところで2.6~4.6。また、韓国は最低基準が2.7、推奨基準は1.6。中国も東京都同じ温度域で最低基準が2.5、さらに基準の厳格化が検討されている。
一方、東京は最低基準が存在せず、既存住宅の8割が6.5以上、新築住宅でも売れ筋の7割が4.65。
日本健在・住宅設備産業協会の調べによると暑さの原因の7割、寒さの原因の6割が窓とみられている。

原因はアルミサッシで、他の国で使われている樹脂や木のサッシの1000倍も熱伝導率があるアルミを使っているから。米国では全50州のうち24州でアルミサッシが禁止されている。
他にも色々書いてありますので、ぜひ読んでみてください!





まだ2018年は始まったばかりですのでこんな表現もなんですが、今年一番テンションが上がった本です。 内容はタイトルのまま、生き物を捕まえて、食べます。捕まえる対象は干潟に住む貝やシャコ、波打ち際にくるカニなど身近な生き物がメイン。

生き物が好きすぎて大学でも生物学を専攻した僕ですので、この内容に惹かれないわけがないわけです。生き物を捕まえて食べるという本では以前に紹介した平坂さんの本がありますが、こちらが外来種に絞ったややマニアックな生き物であることに対しこの本は上述の通り比較的身近な生き物を中心に取り上げられています。捕まえ方も、ほとんどが釣り具さえいらないもの。当然カジュアルに捕まえることができるので試してみようと思うならこちらです。

取り上げられているエピソードの一部はデイリーポータルZ に記事として掲載されていますので、ちょっと気になる方はこちらのエントリーを読むとどんな本かわかるかと思います。例えば穴に塩を入れてマテ貝を捕まえる、とか。

このマテ貝を塩でとるだとかシャコを筆で釣るとか、知識としてそういう方法があることは知っていましたが、本当にできるだなあと感心すると同時に、これは是非自分でもやってみたいと思わざるを得ません。近場でできるものから、少し遠出をして富山や石川でのホタルイカ掬いやタコ釣りも、もう行ってみたくて仕方がありません。

幸い、うちの娘は生き物大好きでいまのところは手づかみで生き物を取ることにさほどを躊躇しないタイプですので、成長して「無理。キモい。」などと言うようになる前に一緒に捕まえに行きたいところです。 

この本は生き物が大好きな人全てに読んでもらいたいです、きっと自分で捕まえに行きたくなりますから。そしてタイミング次第では、夏休みの宿題の自由研究とかそのような需要にも応えられるのではないでしょうか。

あー、生き物捕まえに行きたい!本には出てませんがこれとかめっちゃくちゃやってみたい。ミミズハゼは日本全国どこにでもいるらしいので、富山や鳥取まで行く必要はなさそうです。良さそうな砂利浜を探さなければ。





今日は東京は昼前後から大雪が降る予定です。そして大雪が降るといつも思い出すのは25年ぐらい前の出来事です。

僕は当時私立中学に通っていて、ある年の入試の日に学校の手伝いをすることになりました(ちゃんと日当が出ます)。その日は朝から大雪で、交通機関が麻痺しまくっていました。 幸いなことに僕は集合時間に間に合うことができましたが、おそらく半分位の生徒が遅刻してきました。来れなかった子もいたと思います。

そんな状況だったので入試も開始時間を大幅に後ろにずらしましたが、当時はインターネットはもちろん携帯電話も普及しておらず、一度家を出たら基本的には連絡がつきませんでした。なので移動中に試験開始時間がずれたかどうかなど知る術もなく、僕たちが校門前から校舎への雪かきをしていると、遅れてきた受験生と付き添いのお母さんが半狂乱になって入ってくるわけです。まあ半狂乱になっているのはお母さんなんですけれども。「電車が!止まってて!試験!大丈夫ですか!今からでも!!」みたいな感じで。
大変だなあぐらいにしか当時は思いませんでしたが、自分の娘がもうそろそろ受験するかもという年頃を迎え、今思うとそれは半狂乱にもなるよなぁとある種感慨深いものがあります。

そしてそのときの受験生達もアラフォーで、自分のお子さんが中学受験するという方も多いことでしょう。きっと「昔、お父さん(お母さん)が受験するときにさあ」なんつって、昔話をするのかな。

さて、そんな受験のことも真剣に考え始めないといけないお年頃の娘は金曜の夜から胃腸炎で、今日も腹痛と嘔吐感を訴えるので仕方なく会社はお休み。金曜はゲロをベッドに撒き散らしてこの世の終わりかと思いました。今週末はイベント盛りだくさんなので、1週間早くてよかったということにしておきます。僕と妻の二次感染は今のところなさそうなのも救い。

そろそろ中学受験もはじまり受験シーズン真っ盛りです。受験生の皆さんが万全の体調で臨み、持てる力をしっかり出し切れますように。

↑このページのトップヘ