気まぐれ思いつき日記

2012年4月から妻の海外赴任に伴い主夫業と育児に励む40代男性の日常。2年間ずつバンクーバー、LAに滞在、2016年8月末に帰国。現在は主夫と会社員とライターの三足のわらじで頑張ってます。バンクーバーやLAと関係ないことも多々あります。

2018/08

またタイトルで全部言っちゃった。

PassMe!で富士サファリパークの記事を書きました。
富士サファリパークの楽しみ方を徹底的に解説!

かなり長いです。
現地レポート編と情報編に分かれてるので、「まあ読んでやるか」程度の方は現地レポート編だけでも。
誇張抜きに、どこよりも詳しい記事だと思いますので、富士サファリパークに行く予定がある方、検討されてる方も是非ご参考になさってみてください。

DSC_5742
ワオキツネザルのセクシーグラビア

ワオキツネザルといえば映画マダガスカルに出てくるキングジュリアン。
マダガスカルもペンギンズも大好きです。

富士サファリ、めちゃんこ楽しかったよ。また行きたい。

gumi14


昨日、こんなツイートがまわってきました。

これは行かねば、ってんで初日の今日、仕事終わりに早速行ってまいりました。
gumi01

スペースはそんなに広くありませんし、所狭しとグミが並べてあるわけでもありませんが、メジャーどころから見たことがないもの、ハリボーなどの海外のものまで幅広く取り揃えてありました。ぼんたん飴とか兵六餅はグミのカテゴリなのだろうかと疑問もないではないですが、じゃあグミの定義とは?とか言い出すとめんどくさいのでグミってことにしておきます。
gumi02
gumi03
gumi04
gumi05
gumi06
gumi07

グミの年表もありました。奥深い、のか。
gumi08


そして試食コーナー。好きなものを食べて、味部門と見た目部門で投票を行います。
gumi09

エントリーされているグミはこちら。
gummyentry

会場でも大きくスペースをとって紹介しています。
gumi11
gumi12
gumi13

いくつか食べさせてもらった中で面白いと思ったのはカンロのグミッツェルというグミ。プレッツェルのように、外側はカリッとしていて中が柔らかい不思議な食感。これまたグミと呼べるのかという感じではありますが美味しかったです。こちらは東京駅の東京グランスタや大阪ルクアで売っているようですよ。
カンロ グミッツェル
日常で食べるにはなかなかなお値段なので、手土産とかで持って行く感じですかね。

せっかくなのでいくつか買って帰ってきました。一つ一つ、味わっていただきます。
gumi10

グミウィーク、去年から始まったようなので来年も楽しみにしています!

僕はないです。

いやね、僕も人間ですので、周りの人全員に嫌われてたりしたら辛いですし嫌です。なんなら好かれたいですし人気者になりたい。みんな僕のことを大好きで仕方なくてお金くれたりご飯ご馳走してくれたりしたら最高だなとか思います。

でもですね、「あの人は僕のこと好きかな、嫌いかな」とか「嫌われたくないな、どうしよう」とかって悩むことはないです。好きな女の子に対してはそうですけど、もう愛する奥さんがいますからね。心配する必要がない。奥さんの機嫌が悪い時はそっとしておきます。

そんなわけで、人に嫌われないようにしようとかいちいち思わないし、どう思われるかななんて考えて行動したりしません。僕は僕の行動規範に則って行動します。僕の行動規範は「楽しい」「人が喜んでくれる」の2点かな。思いつきですけど。

「人が喜んでくれる」というのは、嫌われたくないというものではなく、純粋に周りの人たちに喜んでもらいたい、楽しくいてもらいたいからです。僕は人に喜ばれるの好きだし、喜んでもらってそれで感謝されるの最高に好きなので、その辺も僕がやりたいようにやってるわけです。時に余計なお節介であることもあるかもしれないけど、そういうこともあるよね、仕方ない。


なんでこんなことを急に書いたかというと、たまたま今日二つほどそういう人の目が気になる人たちの話を読んだから。

帰国子女の娘がクラスで浮いた存在に… 鴻上尚史が答えた戦略とは?

たまたま僕も娘が帰国子女という枠に入る人間で、僕は周りの目を気にしませんが娘は結構気にします。そういう年頃というのもあるんでしょうし、個人のもって生まれたものもあるのでしょう。彼女は彼女らしく楽しく生きてくれればいいなと思っていますが、他人の目を気にしてやいやい言ってくるのはめんどくせーなとも思います。


あと、人の目が気になる人たちが不思議だなあと思うのと同時に、みんな何でそんなに人のことが気になるのかも不思議です。

りゅうちぇるさんが家族の名前のタトゥーを入れたからどうだとかなんだとか、心底どうでも良くない?それで子供がかわいそうだとかなんだとか、それはりゅうちぇるさん自身の問題で、りゅうちぇるJr.が「お父さんと一緒にプールに行きたかった、温泉に入りたかった」と泣こうが喚こうが自分にとっては1mmも影響のない話で、なんでそんなことで盛り上がれるのか全くわかりません。

僕だって「ああ、バカだな」くらいには思いますが、それをわざわざりゅうちぇるさん本人にぶつけたりアツく語ってみたりするのがすごく不思議。みんな他人のことはほっといて、もっと自分が楽しくなることにエネルギー使った方が良いと思いますよ。そしたら他人の目も気にならなくなって、もっとさらにもっと楽しくなりますから。

↑このページのトップヘ